■夫の浮気に焦り、再構築を目指す??

 

\楽天市場・yahooショッピング・amazon/
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

  /yahooショッピング・LOHACO等コチラ\

 

■夫の浮気にGPSと記録の数々

↑コチラでは浮気を知った時にし始めた、記録方法などを簡単に説明しています。

今回は浮気を知った2019年10月から、今現在に至るまでの、当時の状況・私の精神状態はどうだったのか、どう変わっていったのか、何をしてきたのかをお話ししたいと思います。

 

□2019年10月 知ることが多く、夫の監視が仕事。徐々にサレラリ状態に入っていく。GPSはまだなし。

初めて夫が浮気をしていたことを知りました。

仕事がなかったはずなのに家にいなかったこと、従業員から気になる話を聞かされていたから探ってみたら、お財布の中のレシートにドラレコの女性との会話。

1回目で黒だと分かったのは幸いなのか…

女性は職場での愚痴などを話し、夫はそれに相槌を打って聞いています。

コンビニ経営なので、私の場合分からない事・従業員の事たくさん聞きたいことはあるのに、仕事の話をすると不機嫌になり、今は話したくないと言われたり。

伝えたいこと・聞いてもらいたいことは夫の顔色をうかがいながら話していた私は一体なんなんだろう…

こんな風に愚痴を聞いてもらったことあったかな…って、明らかに態度の違う夫に、楽しそうに話す女性。

今は思い返しても、泣きそうになります。

10月はすぐさまわかる範囲で夫のものや周りを徹底的に調べました。

日頃から下着チェック・持ち金チェック・行動記録はとっていました。

過去の日記・手帳を揃えて、今までの記録と記憶を思い返し見直していくと、この日の言動がいつにもなくおかしかったなとか、会いに行っているなってわかったり。

怪しいなと思うところが次々につながっていきました。

2018年12月の法人クレジットカードの明細をたまたまチェックしたとき、2018年10月に普段行くことのないパーキングの利用があり、不思議だった私は写真とその明細を保管していたんですが、なんとドラレコに映っていた女性の家付近であろうパーキングと同じところというのがわかりました。

このことから知った時点で付き合いは最低1年はたっているということ。

私自身に浮気をするなんて考えも、されるなんて考えもなかったから、ショックでした。

分かったことの中には浮気を知る前、私の誕生日(12月)前にAmazonの注文履歴をたまたま見れた時があり、ペアウォッチの購入履歴があったので、私は腕時計なんてしないけど今年は腕時計かぁなんて思いながら、すごく仲のいい従業員さんにも話していたら、もらったのは3千円のパジャマ。

その後夫は腕時計をしているけど、履歴が見れなくなったから見間違えかと思っていたら、その腕時計の他にもネックレス・パーカーの注文履歴があるのを知りました。

私がもらっていないということは、女性へのクリスマスプレゼントだったんでしょうね。

10月は本当に知ることも多かったし、夫が飲み会だと嘘をついて女性のところに泊まりに行くことがあったりと、毎日が情緒不安定でしたね。

兎に角同じ空間に一緒にいないとだめだ!!って思っていたので、子どもがいない日中2人の時は家事も全て後回しにして、ただ同じところにいました。

ほんと不思議なことに、今までは夫のいない夜は楽で気にもしていなかったのが、急に夫愛してる!!に代わるんです。

離婚したくない・一緒にいたい!!ってね。

気を抜いたら泣いてしまうし、夫の監視が仕事になっていました。

浮気を知る前の日は私にとっては1年ぶりの夫と夜の仲良しでした。

これでレスから脱却できると喜んでいたところ、地獄に突き落とされました。

人並み以上にあるだろうと思っていた夜の仲良しがなくなったのと、浮気し出したであろう時期と全く同じ。

私の場合は浮気をし出したからレスになったパターンでした。

『私はしたくてもできないのに、あんたは相手がいていいね!』なんてイライラしたり、『自分は女性として見られていないのか…』なんて激しく落ち込んだり。

このころから自分はこうだからダメなんだ、こうなったら女性のところにはいかなくなるのかも…なんて、変な努力をし出したし(●)それと同時に、自分は一生懸命節約してきたのに、夫は好き放題してしていたことに対抗(○)し始めました。

  • ダイエットを始めた
  • ご飯をしっかり作るようにした
  • 月に一度は2人でお出かけしたいと提案した
  • たまに一緒に寝ていいかきいた(寝室は別)
  • ボロボロだった下着や服を新調した
  • 身なりを整えるようにした
  • 自分から夜は誘うようにした
  • ハグとかスキンシップを自分からするようにした

 

○欲しくもないけどペアウォッチをやめさせたくて、誕生日プレゼントにペアウォッチをねだった。

○婚約指輪・結婚指輪がなかったので、結婚15年になるから結婚指輪を作りたいと言った

 

●はとにかく愛され妻を目指したし、夜の仲良しがあれば女性のところ行かないかもと、仕事時間や機嫌を毎日観察して、1週間に1回は誘うようにし、かなり無理して頑張りました。

私が一方的にするだけで気持ちよさとか全くなく、ただただ出来たときはほっとしました。

今日はできた…って。

断られることもあったし、みんなが寝静まった後に外で泣くこともありました。

兎に角自分が頑張れば…と無理をしすぎていました。

 

○は何のために私は節約してたんだろ、子どものにかかるお金も協力してくれなかったのに。

お金の管理は夫だから、夫にお金を出させようって気持ちになり実行していきました。

腕時計をねだったときは、夫のしていた腕時計をさわりながら、『じゃあこれはいらへんな』って言ってみたりしました。

ちなみに夫から離婚をしたいとか、別居したいということは言われていません。

10月は私が知る前に1回、デート1回、お泊り1回。

デートで見た映画のことを話し出したので、スマホのボイスレコーダーON。

1人で見たとか嘘を言ってくれたよ。

レシートもチケットもちゃんとあるのにね。

お泊りの車の中には洗濯洗剤の匂いがあきらかに違うシャツに下着。

コンビニで買われた未開封の下着と靴下。

他にも朝帰りでユニクロの袋。

飲み会と出かけていたはずなのにユニクロのレシートは女性宅付近で時間も同じ。

あるはずのスウェットもないし、ドラレコに記録もあり。

 

2019年11月  女性には1回会いに行く。私も行動に移していく。GPSはまだなし。

寝室が別なので、夫が夕方シフトや遅くなる時はあえて布団をたたんでいます。

そうすると私が寝てしまっても、帰宅していなかったら布団がたたまれたままだからです。

10月だけでも気が張り詰めているのに、仕事終わりになっても帰って来ず、もしかして…と店に0時頃電話したことがありました。

22時ですぐに帰ったとのこと。

この時はGPSもまだなかったし、どこにいるかの確認ができませんが、家にも店にもいないとなれば行先は1つ。

自分を抑えられなくて、LINE電話3回、普通の電話で1回かけるも出ない。

その後にLINEで遅くなるなら連絡頂戴、まだ少し起きているからって送り、2時ごろ既読になりそのあとすぐに帰宅しました。

下着は変わっていたし、『この1年私に隠していることない?』ってきいたら、『ない』って言いきられましたね。

『仕事忙しかったん?』って聞けば、そうでもなかったとか言うしね。

でもしっかり慌てて帰宅する様子がドラレコに残っていました。

その中で、『ばれてるっぽいなぁ』とか、『どうしよ』、『怒られるんやろなぁ』とかぼやいていました。

11月はこの1回でした。

 

浮気について言及することはしませんでしたが、私は夫と出掛けたたりもしましたし、気になった結婚指輪のデザインを見に行くこともしました。

出掛けた時は何年振りに手をつなぎました。

これも私からですけどね…

家族と映画やカラオケにも行きました。

堤防へ散歩に行ったりもしました。

しかし、夫婦破綻していると言われないように、夜の仲良しも誘っていたし、出掛けた時は写真で残すようにしています。

誕生日プレゼントの腕時計を探している様子もありました。

結婚指輪は来年購入としていたのでまだ先。

それでも何かつながりが欲しくて、腕時計に合わせられるペアバングルを用意しました。

相変わらずの情緒不安ではありましたが、夫に腹が立つことも増えてきました。

ネットでサレラリ状態を調べたり、自分はどうしたいのかどうしていきたいのか、今ある証拠は浮気の証拠になるのかを調べ続けていました。

 

2019年12月  子どもがいれば縛り付けると思っていた。カウンセリングとGPSレンタル。

女性に対して憎しみとか、そういう負の感情は今でも起こりません。

このころは、如何にして夫を家にいさすかを考えていました。

私が変わろうと愛され妻を目指していたからか、夫との関係は良くなっていったと思います。

夜の仲良しにしても、コミュニケーションの最終段階にいきなり飛ぶのではなくて、あいさつ(いってらっしゃい・おかえりとか)や手を握るとかハグするとか、そんなスキンシップをとるようにしました。

何か出来たら、今日の自分頑張った!これで十分と言い聞かせていました。

でもこの意識があったから、以前まであった1週間に1回は夜の仲良ししないと!!っていう焦りの気持ちはほんとになくなりましたね。

スキンシップが増えると、夫からのスキンシップも増えましたよ。

誕生日プレゼントの腕時計ももらったし、ペアのバングルも渡しました。

どこかへ行くときはセットでつけていてくれていました。

 

しかし12月は私の仕事量が増え、夫を監視できなくなってきていて、さすがに子どもたちが家にいたら出掛けられないだろうと思っていました。

ある土曜日、夫は早朝午前で、私がそのあと午後シフトでした。

子どもらもいるし、次女の友達も来るからって伝えていたんですね。

早朝からの日はたいがい昼寝をするから、友達が来ても大丈夫だと思っていました。

夕方家に帰ると夫はまだ寝ていました。

その日たまたま次女とお風呂に入って、パパは昼寝してたん?ってきいたら、出かけていなかったと。

えっ!?っと思って何時くらいから?って聞くと、友達が来る前にって。

まさかと思ってドラレコチェックしたら、仕事終わっていったん帰宅してすぐに出ていました。

もちろん女性のところ。全て記録保管。

まさか子ども放置で行くとは、はらわた煮えくりかえって、すぐに寝ている夫のところにいきました。

スマホのボイスレコーダーをつけて、『今日子どもたちを置いてどこに行ってた!』って。

夫はあるゲームショップに行ってたって嘘ついたから、何度も本当に行ってたんやなって聞きなおしました。

嘘なわけですから、思いっきりドアを閉めてしまった…

ナビの走行軌跡にそのゲームショップへ行っている記録もなく、あったのは女性宅付近のパーキングまでの道のりだった。

ドラレコの記録と、夫の発言に矛盾があることを本人の口から言わせて記録をとるのはいい証拠になります。

子どもたちをほってまで行かれたことに、私はこの先を考え始めました。

私は本当に夫を愛しているのか。浮気に気づかないくらい関心がなかったこともあったのに?

離婚されてお金に困るのがいやなだけじゃないの?なんて自問自答したり。

私はこの状態をどうしたいのか、これで本当に幸せなのか。

この後に、メールカウンセリングを始め、ドラレコの映像がないと何1つ証拠うこになるものがなくなってしまうのでGPSをレンタルすることにしました。


原一探偵事務所

■2020年1月

昨年末からお金がないと言い出しました。

人件費を削れといわれたり、人員整理の話も出たり。

お金の管理は夫だけど、収入より支出が明らかにおおかったからね。

そりゃあ自分で毎月30万円前後使い、好きなものかって女性にええ格好ばっかしてたらね。

何をいまさらって家に関わることなのに他人事だったし、毎月の生活費の減額を申し出ることもしなかった。

私は身の回りのものさえもケチり、西友の5食200円ほどの冷凍うどんが昼食の定番だったし、店では廃棄を食べる。

夫は毎日たばこにビール、昼食もリッチに店で買って私の前で食べていた。

欲しいと言ってみた電動自転車やパソコンは高いと却下され、夫は車やゲームを買った。

情緒不安になることも確かにあったけど、今までのことを思い出したら落ち着いていく自分もいました。

1月からはGPSでの行動監視が始まりました。

いつでもどこでもチェックしていました。

私がシフト中のLINEにメッセージ取り消し後に、『リモコンがないと思ったら見つかった』って入ってて、こんなことでLINEなんてすることもないから、墓穴掘ったな…とすぐわかるわけで、GPSで確認したらまさしく移動中。

家にいるアピール・アリバイを作りたかったんかな?

私が家にいる?なんて送ったら、連続で返事きたし笑った。

まずいと思ったのかこの日は途中でUターンしてた。

その2日後、長女の体調悪くて学校やすましたけど、私はシフトやから夫に見といてもらうように伝えたけども…

途中長女に電話したら、アウターを買いに出かけたって言うから、シフト中やったけど電話しましたよ。

GPSはショッピングモールではなく、いつものパーキング。

電話にはでない、本気でパーキングまで行ってやろうと従業員にシフト変わってもらおうとしたら、いきなりこっちに戻りだしてきてそのまま店に来た。

電話もかけてきて、気付かなかったって。

やましいことしてる時は無駄に聞いてもないこと話してくるし、分かりやすいです。

12月の時は子どもたちが元気やったけど、この時は体調不良やから、こんなやつといて子どもも私も幸せなのか、浮気されてるのに?

本当に修復したいの?本当にわからなくなりました。

ドラレコはもちろん消されてたけど、ショッピングモールから帰るところっていうアリバイでも作ろうとしたのか、あえて途中からの分は残してた。

そんなことしてもGPSの記録がばっちり残されてるのに。

前回行きそびれていたから、この日長女が休んでなかったら朝から言ってたはず。

この日の日記には、

私が仕事でも子どもたちのことを任すのはやめた。

私にはやはり意識改革が必要。あいつのことより自分軸。

浮気をする奴はこれからもするんだよ。する奴のこと考えるより、自分と子どもたちの未来を考えるべき。

あいつのことそこまで好きだった?そうじゃなかったはず。

浮気女にとられるのが嫌なだけだったはず。

一度弁護士に相談に行こう。離婚や手続きについてしっかり情報を得よう。

今すぐでなくても別居や家を出られるように。

私の心が壊れないように。

 

離婚は回避したい、家族でいたいとおもっていたのに、だんだんといつかは離婚っていう気持ちも芽生えてきました。

 

■2020年2月から現在まで

2月以降現在まで夫は女性に会いに行ってはいません。

2月にはお金の工面ができたからと結婚指輪を購入しました。

少し厚みがあるものなので夫は違和感があるらしかったので、家にいる間ははずしたら?と言ったら、ずっとつけてな意味ないやろ…と24時間つけっぱなしでいてくれてはいます。

仕事の間もだし、一応指輪では繋がってる。

会いにはいっていないけど、連絡はしているかもしれない。

LINEのステータスメッセージが女性にむけてな感じのものもあったから。

今はGPSもあるので、ドラレコのチェックはしていません。

今しているのは、

  • GPSチェック
  • iPadで写真やアプリ・Amazonの履歴
  • お財布チェック

くらいです。

女性と最後に会ってから5か月がたとうとしています。

コロナや別店舗で仕事をしていたりで、2人でおでかけもしていませんが、夜の仲良しは少しづつ戻ってきました。

スキンシップもあります。

仕事の話も少しづつするようにしています。

女性に会いに行かなくなって、私の情緒不安はほとんどなくなりました。

あんなけ夫を思って努力し、毎日毎日泣いていた私は今はなりをひそめています。

お金を借入しないといけないほどお店の経営もよくないこと、私が全てのお金の管理をし出したことで、今までみたいに自由なお金が無いので、会いたいけど会えないという状態では…と思っています。

 

■私が残しているもの

残したもの
  • ドライブレコーダーの映像
  • ナビの履歴・走行軌跡
  • ETC履歴
  • レシートや夫クレジットカードの利用料金がわかる請求書
  • 行動履歴(仕事時間や帰宅時間など)
  • 夫iPhoneと共有されているiPadか写真心履歴・アプリ履歴
  • iPadからAmazon注文履歴・閲覧履歴下着チェック
  • 家・店の口座コピー
  • お出かけ記録
  • 実際の行動と発言が違うときに、ボイスレコーダーで録音
  • ご飯もののサイトで女性宅付近に近い飲食店を探していたという履歴

↑これらは状況証拠になるのか…地理見積もればで続けていきます。

 

今まで用意したもの
  • 離婚届
  • 団地の申込書
  • 賃貸探し
  • 国からなどの支援情報
  • データ保管の写真化
  • クレジットカード・預金通帳カード(家・夫分)の写真(今までどんだけ使ってきたかとか、へそくりを貯めてないか)
  • へそくり

↑もしかして離婚を選択するかもと、賃貸物件をよくながめています。

 

■まだまだどうしたいのか分からない

女性に会いに行かなくなって5か月がたちましたが、夫を問い詰めたことはありません。

しかし、Amazonの注文履歴にコンドーさんを購入していることから、体の関係は絶対にあるのは確か。

女性が既婚者と知って会っていたのかどうかは分かりませんが、コンビニオーナーをしているのは会話の内容でわかっているはずだし…

お金がなくなるのを見ていると、あんたが無駄遣いなんてしなければ、まだここまでになってなかったのに!!とか、よくもまあ何事もなかったように!!とか、ふとした瞬間にすごく腹が立ちます。

でも、ちょっとしたスキンシップがあるだけで、あぁ好きなのかな…ってなったりもして、まだまだ心の整理はできていないです。

すぐにできるものではありませんが、今はサレラリ状態を脱却できているんじゃないかと思います。

ここで夫がまた動き出したら、一気に逆戻りするだろうとは感じています。

次は絶えれないかもしれないという不安はすごくあります。

もしかしたら夫の中では終わっているかもしれないけれど、私はこの不安な気持ちを持ち続けるんでしょうね。

 

いろんな状況の方々がおられると思います。

私が今実践していること以外にも何かあれば教えていただきたいです!

また、こんな私でよければお話聞きます!

今回は長くなってしまったので、今後1つ1つを詳しく話せたらいいなと思います。

 

 


 

いかにも何かを入れていますよアピールです。
操作も簡単で使いやすく、実際の位置のずれはなかったり、あってもほんの少しです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
                   にほんブログ村